洗って保湿できるバーナル石鹸はどんな人にも万能? 口コミを調査

敏感肌の方も乾燥を気にせず使っていると、リピーターの多いヴァーナル石鹸。その方々の口コミには、乾燥しないのに汚れは落ちている、という所感が多いのです。例えば、こんな方です。

「クレンジング用石鹸のアンクソープと一緒に、洗顔にはセンシティブザイフを使っています。
わたしはもう、この2つの石鹸じゃなきゃムリと思うくらい、やっと出会えたアイテムです。
毛穴の汚れまで落ちて、すべすべしっとりな肌になり、そのうえ乾燥しないのです。
乾燥肌の私は、お風呂上がりに少しでも乾燥してしまうと、化粧水を塗った時に鼻の先がひりひりしていましたが、ヴァーナル石鹸にしてからは感じなくなりました。
肌も明るくなり、だんだんシミも薄くなってきたような気がします」。
(20代 女性)

毛穴ケアをしようとすると、肌を痛めてしまったり、乾燥を招きやすくなったりします。
ヴァーナル石?なら、濃密な泡のクッションで顔を包み込むように優しく毛穴まで洗いあげます。
その上、センシティブザイフには16種類の保湿成分が配合されていますので、洗い上がりもしっとりと、化粧水前にキメを整えてくれます。
しかし、この方とは対照的に、「肌が乾燥した」という口コミがあるのも事実です。

「しっとりと洗いあがるので、センシティブザイフは使いたいと思います。
暖かい時期は何ともないのですが、冬は顔に粉が吹いてあかぎれができて我慢ができず、使用していません。
ヴァーナル石鹸は、脂性の人や季節を選ぶと使いやすいかもしれません」。
(50代 女性)

たしかに、空気が乾燥しやすい冬の間は、夏と同じスキンケアでは早く乾燥してしまうかもしれませんね。
夏の日に焼けた時のケアでも同様ですが、冬はいつもの化粧水を高保湿タイプに代えてみたり、いつもより多めに化粧水や乳液を付けてみることもお奨めです。
ヴァーナル石鹸は、汚れをしっかり落とせる洗顔料ですので、上手く付き合っていくには別のアイテムで水分と油分を補うことも必要になってきます。
もし乾燥にお悩みの方は、一度スキンケアを見直すのも良いでしょう。
最後に、ヴァーナル石鹸が大好きな方の口コミをご紹介します。

「洗顔用のセンシティブザイフを泡立てた時のふわふわ感が、たまらなく気持ちいいです。
アンクソープよりもセンシティブザイフの方が、肌が落ち着く感じがして、私は好きです。
香りは、なんだか昔なつかしいような感じ。
毎日使っていると、肌がツルツルになります。
お風呂で使うときは、センシティブザイフで、全身パックしています」。
(30代 女性)

親御さんの代から使っている方も多いヴァーナル石鹸は、香りも親しみやすいのかもしれませんね。
洗顔用石鹸のセンシティブザイフのしっとりした仕上がりが好きなあまりに、スペシャルケアとして全身に使っているとのこと。
ちなみに、ヴァーナル公式の会員になると、各製品を送料無料の定期便で配送してくれますので、消費スピードによって各アイテム別に調整ができますよ。

>>980円でヴァーナル石鹸をお試しする